PolyBilt Japan(ポリビルトジャパン)
  • PPタンク、PPボディは軽量で衝撃にも強い消防車量に最適な素材
  • PPタンク、PPボディは日本消防検定協会 特殊消火装置 型式鑑定取得
  • PPタンク、PPボディは頑丈なボディなのに軽量化を実現したPolyBilt Japanの技術力

軽くて頑丈な消防車両はPolyBilt Japanへ

PolyBilt Japan(ポリビルトジャパン)のホームページをご覧頂き、ありがとうございます。PolyBilt Japan(ポリビルトジャパン)は、消防用車両や作業用車両のPPタンクとPPボディを製造している会社です。

燃費の改善、積載重量の軽量化、あるいは活動停止期間中のメンテナンスなどでお悩みではありませんか?ポリマー素材のPPボディに代えることで、あなたのお悩みを簡単に解決する事ができます。PPボディはアルミやFRP複合材料のボディよりも軽量でなおかつとても頑丈にできており、耐衝撃性により優れています。その上100%リサイクルが可能な素材を使用しています。

PPボディに使用されている材料のポリプレン(Polyprene)は、特別に作られたポリマー材料です。この材料は一定の振動などにより生じるひび割れや傷み等に強いため、消防用車両のボディや作業用車両のボディ、またはそれらと同じように頑丈に作られていなければならないボディを製造するのに非常に適しており、PPボディが実現できます。ポリプレン(Polyprene)のPPボディがもし損傷した場合であっても、容易に塗装や修理が可能なのです。また素材は錆びることがないため、その他の部品を腐食させることもありません。ポリプレン(Polyprene)のPPボディはひび割れや欠けることがなく、へこむこともありません。溶接部でさえも、細菌の侵入を防いでくれるのです。

PolyBilt Japan(ポリビルトジャパン)は、消防車両の製造によってPPタンクやPPボディ架装で必要とされる様々な知識と経験を得ることができました。また技術的に優れた多くの知識や情報、特徴などを新たに得る事もできました。特許であるPPタンクとPPボディを一体化させるデザインにより、PolyBilt Japan(ポリビルトジャパン)は高い耐衝撃性能、軽量化されたデザイン、優れた強度、無駄のないスペースを持った収納性、そして美しい仕上がりの塗装により、消防車両や作業用車両を利用頂いている沢山のお客様たちから、非常に多くの注目を集めて頂いております。

高いボディ強度

ポリプレン(Polyprene)は高い引っ張り強度を有し、高温あるいは低温においても高い強度の物性性能を示します。ポリプレン(Polyprene)はFRPを基礎とした材料よりも明らかに高強度であり、またポリエチレンの10倍の強度を有します。

高い耐衝撃性能

大ハンマーや弾丸テストの結果でもへこまず衝撃を吸収しました。また、ボディの他部品を腐食させることがなく、修理コストを最小限に抑えることができます。

高い耐熱性能

10分間の200℃テストにおいても何ら外見上の変形は見られません。

容易な修理

基本的な鉄板溶接技術と大工作業技術が有れば容易に修理が可能であります。損傷部分を切り取り新しい板をあてがい溶接すれば済みます。修理部分は新品と同様の強度を有します。

リサイクル可能

ボディは長期使用後でも全てリサイクルが可能です。

美しい車体塗装

ポリプレン(Polyprene)は何年もの使用期間に渡って優れた、信頼性の高い塗装面を保ちます。

お知らせ

東京国際消防防災展 2013に出展致しました

東京ビッグサイトにて開催されました「東京国際消防防災展 2013」にPolBiltJapanも10月2日(水)~5日(土)の4日間出展致しました。当社ブースへも多くの消防関係者の方にお越し頂きました。多くの方にご来場いた …

PolyBilt-Ontimeにおいて救助工作車の世界へ進出

英国の産業は決して独自のラッパを吹くことはなかったとされているが、2012年のOntime商用車ショーにPolyBiltボディの重作業車を出展し、成功した。PolyBilt Europeはこのタイプの樹脂製車両の創造的な …

IFCAA2012札幌国際消防・防災展

札幌コンベンションセンターにて開催された「IFCAA2012札幌国際消防・防災展」に出展しました。 札幌コンベンションセンターにて開催されました「IFCAA2012札幌国際消防・防災展」に当社の新製品を出展いたしました。 …

  • お問い合わせ



Copyright © PolyBilt Japan All Rights Reserved.